MENU

閉じる

QUESTION

よくあるご質問

ミッションスクールの特色はなんでしょうか?
ミッションとは「使命」という意味です。イタリアに本部を持つサレジオ修道会を母体とする本校の「使命」は、良き社会人の育成です。学院に集う子どもたちが、神様から与えられた「使命」を持った者だと考えて、その「使命」の実現のために、支援するのが学院の教師の務めだと考えています。通常の学業の他に、週1時間行われる倫理の授業や、神父の先生方による朝の心の放送によって、心の教育にも努めています。
制服はありますか。また靴等のきまりがありますか?
冬服はキャメル色のブレザー姿、夏は青の半そで姿で統一し、ズボン・スカートも指定のものです。オプションで冬のコートも用意されています。また、革靴も指定となります。
私は部活動をしながら大学進学を目指したいと思っていますが、可能でしょうか?
もちろん可能です。学院の伝統教育は「知育・徳育・体育」の3つがバランスよく身につくことをモットーにしています。運動にも学問にも一生懸命になれる環境で、みなさんは自分の可能性を発見してください。
近郊や遠隔地からの通学方法にはどのような手段がありますか?
新しい交通拠点として生まれ変わった宮崎駅の東側、歩いて6分。駅から最も近い学校です。また、宮交バス8番線が学院前で停車します。
姉妹校がたくさんあるとききますが、どのような特色がありますか?
100ヶ国以上の国々に1,600校もの姉妹校をもち、真の平和を愛する教育がなされています。日本ではサレジオ学院(横浜)、大阪星光学院など5校の姉妹校があり、『ドン・ボスコの教育法』のもとに、先生たちや時には先輩たちが、みなさん一人ひとりの可能性をサポートしています。
毎月の校納金はどのくらいですか?

《中学校》
授業料:23,600円 / 月
施設設備費:11,000円 / 月
これにPTA会費、諸経費などが加算されて、毎月の校納金は38,000ほどになります(ただし、副教材費を除きます)。また、入学準備品(制服、鞄、靴など)の総額は、およそ90,000円(いずれもワンセットの場合)です。

《高等学校》
入学金:160,000円
教育環境整備費:25,000円
(以上は入学手続き時のみ)
授業料:23,600円 / 月
施設設備費:11,000円 / 月
これにPTA会費、諸経費などが加算されて、毎月の校納金は39,000ほどになります(ただし、副教材費を除きます)。なお、法令により、所得に応じて高等学校等就学支援金が給付されます。また、入学準備品(制服、鞄、靴など)の総額は、およそ100,000円(いずれもワンセットの場合)です。

生徒はどのあたりから通学していますか?
市内からの通学生が一番多いですが、北は延岡、南は日南、西は都城、小林から通学している生徒もいます。現在、都城方面は学院生専用の直行バスが走っています。
入学後、どのくらい宅習時間が必要ですか?
中学校での宅習時間の目安は「学年+1」時間と言われています。本校での目標時間は1日3時間です。平日習い事などで忙しい人は土・日曜で補ってほしいと考えています。
部活動は強制ですか。また、毎日ありますか?
強制ではありませんが、本校は知育、徳育、体育のバランスを重視しますので、できるだけ加入することを薦めます。活動日は部によって様々ですので、自分の生活のリズムにあったものを選ぶといいでしょう。
スクールバスはありますか?

現在、学院-都城間で宮崎交通の学院生専用バスを、朝夕3台ずつ運行しています。
学校休業日に部活動や模擬試験などがある場合は、宮崎交通の路線バスを利用することができます(ただし、平日夕方の路線バスの利用には若干の規制があります。)

《停車するバス停》
西都城駅前BC ⇔ 広口 ⇔ 中央通3丁目 ⇔ デパート前 ⇔ 前田2丁目 ⇔ 前田3丁目 ⇔ 北原町 ⇔ ガード下 ⇔ 農協前 ⇔ 高専前 ⇔ 松の元 ⇔ 地場産業C ⇔ 高木原 ⇔ 高城 ⇔ 田野東 ⇔ 清武 ⇔ 日向学院前(高城~清武間は高速のバス停)

奨学生制度はありますか?
はい、あります。奨学生候補テスト、又はA日程入学試験での成績優秀者を奨学生に認定します。
詳しくは学校公開日、塾での説明会などで説明します。

閉じる