MENU

閉じる

  • ホーム
  • スペシャル
  • 卒業生からのエール
YALE

卒業生からのエール

受験生へ熱いメッセージ

何十年も続く学院の伝統行事。そのひとつひとつが、学校の教育理念を具現化するものである。そして、それを経験して学院を巣立っていった先輩たちが、受験生のみんなへ熱いエールを送る。

有留 百合香さん
  • 平成27年度 卒業生
  • 吹奏楽部所属
  • 福岡県教育大学教育学部に進学

有留 百合香さん

勉強も部活動も妥協したくなかった私にとって、「日向学院」はぴったりの学校でした。私は、中学1年から高校3年の8月まで吹奏楽部に所属し、音楽の素晴らしさと最高の仲間に出会うことができました。

 しかし、毎日部活動を続けながらの受験生活には、大きな不安がありました。部活動をしていない人に比べて、勉強時間が少なく出遅れてしまうのではないかと感じたからでした。そこで、私は高校2年の秋から本格的に受験にむけての勉強を始めました。学校の休み時間など部活動以外の「すき間時間」を勉強にむけるようにしました。すると、部活動をしていない人にも負けないくらい勉強時間を確保することができました。また、勉強と部活動を両立している多くの友だちの姿も私の励みになりました。部活動引退後は、放課後のセンター演習で苦手分野をなくしていきました。また、先生方も何度も質問に来る私が納得するまで熱心に教えてくださいました。辛い日々ではありましたが、学ぶことの楽しさを知ることができた、とても充実した毎日でした。思い出と出会いのつまった、きらめき続ける私の学院生活は、人に自慢したくなるほど素敵なものとなりました。

 皆さんも、学院生活の中で自分の可能性のつぼみが大きく花開くことを心から願っています。

河野 竜大くん
  • 平成26年度 卒業生
  • バスケットボール部所属
  • 九州大学医学部医学科に進学

河野 竜大くん

 私は、日向学院中学校・高等学校に通い、医師になるという夢への第一歩を踏み出すことができました。今日は、学院がかかげる「知・徳・体のバランス」について書きたいと思います。

 私は6年間バスケットボール部に所属し、中高ともキャプテンを務めました。私はここでたくさんのかけがえのない仲間に出会いました。何もわからない私たちを先導してくださった先輩方、ともに励ましあって苦しみを乗り越えてきた同級生、そして私たちを慕ってくれた後輩たちと、縦横の強いつながりをつくることができました。

 勉強面では、6年間を通してほとんど同じ先生が担当してくださることから、先生方と信頼関係を築くことができ、落ち着いた雰囲気の中で受験勉強に取り組むことができました。私は児湯地区から通学し部活動にも所属していたため、家で確保できる勉強時間が限られていたので、先生方を信じ授業に集中することで、時間の不足を補いました。

 さらに、学院は私を人としても成長させてくれました。キリスト教の精神に根ざした心の教育、伸び伸びとした校風、行事に対する熱心な取り組みなどを通して、仲間と協力し助け合う喜び、一生懸命になることの大切さ、自分で考え行動する自立心を学びました。

 たくさんの小学6年生に、ぜひ学院でいろいろなことにチャレンジして充実した6年間を過してほしい思います。

閉じる